不動産担保ローンを利用して起業することにしました。

数年後の起業時に不動産担保ローンを利用

在学中から社会労務士になるべく資格を取り働く数年後の起業時に不動産担保ローンを利用無事に企業でき仕事も順調でローンも返済中亡くなった父の土地で不動産担保ローン

それから数年後、自分で起業するときに必要な知識を身に付けることができたと確信したので、独り立ちをすることにしました。
事務所を構えて起業をすることにしましたが、想像以上に経費がかかることに戸惑いを感じました。
大学を卒業してから少しずつ給料を貯金していましたが、事務所を借りる時の費用だけでなく、内装を整備するリフォーム費、さらに広告費用などを考えると貯金だけでは賄えないことがわかりました。
そこで両親に相談をしたら、父親が祖父から相続して使用していない不動産があることを教えてくれました。
現金で援助をすることは難しいけれど、その不動産を活用できないかと考えたときに不動産担保ローンを利用することを思いつきました。
相続した不動産は、広い敷地がついている大きな倉庫で、相続してからほとんど使われていなかったので放置された状態でした。
そのような不動産に価値があるのか不安でしたが、周辺の開発が進んでいるのでこれから価値が出るような希望を持っています。
ただ起業をする自分の名義ではないため、不動産担保ローンを利用できるのかわからなかったので、ローンを提供している金融機関に相談をすることにしました。
そうしたら同居している家族が所有している不動産だったことから、不動産担保ローンは適用できるということがわかったので依頼をしました。